ブランド品買取で失敗したくない人のための完全マニュアル

私のブランド買取体験in大阪 » ブランド品でも買取不可のものもある

ブランド品でも買取不可のものもある

使わなくなったブランド品、タンスのこやしにするくらいなら買取ってもらいたいですよね?でも、ブランド品だからといってどんなものでも買取してもらえるとは限りません。

買取業者が喜ぶ商品と、買取不可と判断する商品についてご紹介します。

買取不可なブランド品とは?

ブランドバッグ

ルイ・ヴィトンやエルメスなどハイブランドのバッグは、手に入りにくいこと、探している人の多いことから、デザインによって買値を上回る高値買取が期待できる商品です。

人気のラインは、エルメスならケリーやバーキン、ルイ・ヴィトンならモノグラムやダミエなどの定番ライン。限定物やコラボ物も希少価値から高値が期待できます。

しかし、いくらハイブランドの物であっても、持ち主独特の匂いが染みついていたり、バッグとしての機能が損なわれているような状態の物は買取不可になってしまうことも。後々売ることを考えるなら、大切に使うことはもちろん、正しい方法でクリーニング、保管する必要があります。

買取OKなバッグ、NGなバッグを見る

ブランド時計

高級ブランド時計の代名詞とも言えるロレックスは、定番モデルであるエクスプローラー、サブマリーナが根強い人気で、最も高値が期待できます。他にもパテックフィリップやオメガといったブランドも人気が高く、生産が終了したモデルや、年代の古いモデルであればプレミアがつく可能性もあります。

ただし、故障や破損している場合は買取不可となることもあるので、可能な限りメンテナンス、クリーニングをしておいたほうがよいでしょう。人気のモデルであれば、故障していても買取OKの業者も中にはあるようです。

買取OKな時計、NGな時計を見る

ブランドジュエリー

知名度の高いティファニーやブルガリ、カルティエなどの有名ブランドは、年代を問わず人気が高く、商品の回転も早いことから、買取業者も進んで買取してくれる可能性が高いでしょう。特に限定品やビンテージ品など、レア度の高いジュエリーであれば、購入時より高値での買取が期待できます。

ただし、留め金が破損していたり、落とせない汚れがある場合は買取不可となることも。また、人気が下火になっているブランドのジュエリーも買い取ってもらえない場合もあります。

特にジュエリーは、商品状態が査定を大きく左右するので、クリーニングだけは専門業者にお願いしておくことをおすすめします。

買取OKなジュエリー、NGなジュエリーを見る

ブランド服

ブランド服の買取で高値が期待できるブランドは、ルイ・ヴィトンやプラダなどの高級メゾン、マックスマーラやモンクレールなどの海外ブランドですが、バッグや時計などと違い、服には流行が大きく影響するため、綺麗な状態であっても、時代にそぐわない、流行遅れのデザインは買取不可になることがあります。

また、ハイブランドなど価値の高い物でも、着用感がある、汚れやほつれ、破れがある、匂いが染みついているなどの場合は、買取不可になる可能性は高いでしょう。毛玉があったり、生地が伸びてしまっているなどもマイナス査定となります。

買取OKな服、NGな服を見る

ブランド財布、ブランド小物

現在人気の高いブランド財布は、プラダやミュウミュウ、グッチ、ルイ・ヴィトン、ゴヤール、ジミーチュウなど。中でも限定品やコラボ物にはプレミアも付いており、買取額も高値が期待できます。

ただし、財布の性質上、どうしても使用感が出やすいため、汚れやほつれ、素材のへたりなどが目立つものは買取不可になることも。売る際の買取額を少しでも下げないためにも、日ごろからこまめなお手入れ、メンテナンスを心がけましょう。

買取OKな財布・小物、NGな財布・小物を見る

その他のブランド品

買取業者は「ブランド品」であれば基本的に買い取ってくれる可能性があります。例えばスカーフやキーホルダー、カフスなどのファッション小物類、靴やベルトなどの革小物類も買取対象となり、状態が良ければ高価買取が期待できます。

ただし、どの商品ジャンルにおいても本物であることが大前提で、コピー商品の買取は当然ながらしてもらえません。

また、いくらブランド品であっても、あまりに汚れのひどい物、使い物にならないほど破損している物、ニーズのない物は低査定、もしくは買取不可になる可能性が高いでしょう。

買取OKな商品、NGな商品を見る

LINE査定で最安値を比較してみました
最安値が高額なところにすれば、失敗しない!?

LINE査定の金額はあくまでも目安。実際に買取ってもらう時には、LINE査定の最安値を提示されることも多くあるそうです。だからこそ、「提示金額の幅が狭くて、最安値が高額な業者を選んでおけば、よほど問題のある商品でない限り失敗はしないだろう」という仮説を立てて、業者を選びました。