ブランド品買取で失敗したくない人のための完全マニュアル

私のブランド買取体験in大阪 » ブランド品でも買取不可のものもある » 

服もブランド服であれば、買取してもらうことができます。買取してもらうというと、バッグやジュエリーなど小物系を多く思い浮かべるかもしれませんが、服こそ売りやすくて、しかもたくさん持っているものですよね。もしかしてクローゼットの奥に、売れる洋服がたくさんあるかもしれません。

お店の人が喜ぶ?高額買取が期待できるのはこんな服

ブランド服って、購入するのも高い金額を出していますよね。だからこそ、着なくなったけれど捨てるのはもったいない…と思ってしまうはず。ルイヴィトンやプラダ、MAXMARAやモンクレールなどなど…一流と呼ばれるブランド服は買取業者でも高く買い取ってもらえます。やはり一流ブランドの洋服は生地も良いものを使用していますし、縫製も丁寧ですよね。また、流行にはあまり左右されない、ブランド独自の路線が築かれているから、何年も前のものでも大丈夫!

ただ、服は状態でかなり左右されます。着用感はできる限り少ない服のほうが好まれるでしょう。

こんな服はNG

服は肌に触れているものなので、着用感があまりないほうが高く売れるのと同じで、あまりに着用感があるものは売ることができなくなります。バッグやジュエリーなどよりも、劣化は早いですよね。破れやほつれ、また匂いのある服も買取不可となる可能性があります。毛玉などもマイナスになりますし、着用による伸びなども査定額には影響します。

少しでも売りたい…と思ったら、するべきなのは日ごろのお手入れです。汚れたらすぐに洗う、洗う時は力を入れすぎない、色落ちを防ぐなど…いちいち面倒かもしれません。でもブランド服として売るためには必要なお手入れなので、気を付けておきましょう。

もう着なくなったブランド服は、処分せずに買取をお願いする人が多いと思いますが、ブランド服であれば全て買い取ってくれるわけではありません。そこで買取不可になってしまう条件についてまとめました。

商標権違反のコピー品

各ブランドでは、上質な素材の商品を長時間かけ、ブランドイメージが定着するように努力を積み重ねてきました。ですが最近偽物のブランド品が出回っており、偽物が大量に流通すると、ブランドが長年培ってきたブランドイメージが損なわれてしまいます。

安価な素材で本物の販売価格より安い値段で販売しているため、イメージダウンとなり商標権を侵害しているのです。こうした商品を偽物だと知らずに購入してしまうケースも少なくありません。買取業者が偽物だと断言することはありませんが、状態がとてもよいのに買取不可であった場合は偽物であった可能性が高いです。当然、コピー品は買取業者の需要がないため買取不可となります。

並行輸入品

並行輸入品は、正式に契約を結んでいない第三者が取引を行うことによって、正規のブランド品を安く手に入れることを言います。新品の並行輸入品と中古の正規品のどちらかを選ぶ場合、両方とも正規品であることに変わりないため、新品の並行輸入品を選ぶ人もいるかと思います。

正規のルートでなくても、安く新品を手に入れられるに越したことはないはずです。そのため買取業者は、並行輸入品よりも正規の中古品を売りたい場合値段を下げなければなりません。そのため買取価格が低かったり、買取不可となってしまいます。

ハンドメイド製品

正規のブランド品で、1つ1つ職人の手によって作れらている服もあります。こうしたハンドメイド品を売りにしているブランドもありますが、買い取ってもらう場合は不利になります。ロゴやタグのずれはハンドメイドだからこそ起こってしまう問題ですが、これらは偽物と同じような特徴なのです。

買い取ってもらえる場合もありますが、偽物の可能性がある以上は買取不可となります。いくら正規品で購入したとしても、ハンドメイド品にはそのような問題があるということを頭に入れておく必要があります。

下着・水着などの衛生面で再販売できない商品

肌に直接触れてしまうものはほとんどの確率で買取不可です。肌着として扱われるTシャツやボクサーパンツ、トランクス、キャミソール、ブラジャー、パンツなどは買取不可としているところがほとんどです。高級品の肌着であっても買取不可となることがあります。

一度着用したものは確実に買取不可となります。またタグや値札がついた新品の状態でも買い取ってもらえないことがあります。下着や水着など直接肌に触れるものは衛生面を考えると再販することが難しいため、買い取ってもらえないと思っておいたほうがよいです。

ニオイ、汚れがひどいもの

商品の状態は査定に大きく響きます。特にニオイや汚れのあるものは買取査定が下がります。ひどい場合は買取不可となります。ブランド品のコート、特に毛皮のコートなどは汚れが落ちにくく手入れも大変です。パーティーなどでブランドの服を着用して行くと、食べ物や飲み物をこぼしてしまう場合もあります。

そのような汚れが落ちずに大きなシミとなってしまった場合、買取ってもらえない可能性があります。汚さないのが1番良いですが、汚してしまったらすぐに拭き取ることが大切です。またコートなど厚手のものにはニオイも付きやすいため、ブランド品を着る時は、香水は避けたほうがよいです。

またタバコのニオイなどもついていると査定が下がるため、できるだけ避けましょう。自分がその服を見たときに買ってもよいと思える汚れであるか、ニオイはしないかなど買う側の目線になって買取査定に出すかを考えると良いと思います。

劣化や汚れがあってもあきらめずに査定をしてもらおう

服は業者によって査定が大きく違います。ブランドといってもたくさんありますが、扱っているブランドも異なるためです。服を中心として多くのブランドを扱っている業者を見つけると、買取してもらえる可能性が高まります。断られた場合でも、違う業者を探して買取依頼をしてみましょう。

少しでも高く買い取ってもらうには、日々のお手入れや扱い方がとても重要です。よい状態であればもちろん買取査定も高くなります。劣化や汚れなどといったマイナス面がある場合でも、査定額を上げるためにできるお手入れ方法についてまとめました。

匂いを取り除く

長い間しまってあった服はカビ臭くなっている場合があります。また、タバコや香水、家の匂いなどといった生活臭は自分では気がつきにくいです。ニオイも査定額が下がる対象となってしまうため、ニオイがないと自分では思っても付いてる可能性があるため取り除く必要があります。

風通しの良いところに干したり天日干しなどをしてニオイを軽減します。他にも消臭スプレーが効果的です。スプレーした後は、乾く前に箱にしまってしまうとシミになる恐れがあるため、乾くまで干しておくことが重要です。

ブランド品はクリーニングに

査定額を上げるために、査定に出す前に洗濯をして綺麗にするとよいです。ですがジャケット、レザージャケット、コート、ニット、型崩れのしやすい服など洗濯のできないものもあります。

そのようなものはクリーニングに出すと良いです。自分はもう着ないのにクリーニングに出す必要があるのか、と疑問に思う人もいると思います。わざわざクリーニング屋に行かなければなりませんし査定に出すだけのために面倒ではあります。ですがクリーニングに出すことによってシワがなくなったり服が綺麗な状態になります。状態が綺麗であると査定額がアップすることもあります。

売る前だけでなく、普段から定期的にクリーニングに出して綺麗な状態を保っておくことが1番望ましいです。それが難しい場合でも、普段からクリーニングにちゃんと出している場合でも、査定額をあげる為に査定に出す前にもクリーニングに出すとよりよいです。

毛玉除去、アイロンがけなど

冬物のコートやニートなどは特に毛玉がつきやすく、同じ服でも毛玉があるとないとでは査定額が変わります。ですから毛玉を取ってから査定に出すのがよいです。毛玉はカミソリで簡単に取ることができます。平らな場所でなでるように取ることが重要です。カミソリは生地を傷めずに毛玉だけを取ってくれます。

毛玉がないだけで、服の使用感も消えて印象が大きく変わります。また、服がヨレヨレだったりシワだらけの状態だと査定額が低くなります。ですからアイロンをかけてハリのある印象にした方が良いです。使用感がなくなって印象がとてもよくなります。

アイロンが終わったら冷めるまでハンガーにかけておきます。すぐに箱にしまってしまうとシワができやすくなってしまうからです。ですから少し置いてから畳んでしまいます。

LINE査定で最安値を比較してみました
最安値が高額な業者を選べば、失敗しない!?

LINE査定の金額はあくまでも目安。実際にブランド買取業者に買取ってもらう時には、LINE査定の最安値を提示されることも多くあるそうです。だからこそ、「提示金額の幅が狭くて、最安値が高額な業者を選んでおけば、よほど問題のある商品でない限り失敗はしないだろう」という仮説を立てて、業者を選びました。