ブランド品買取で失敗したくない人のための完全マニュアル

私のブランド買取体験in大阪 » ブランド品でも買取不可のものもある » 時計

時計

買取の定番でもある時計は、値段に大きな幅があります。高価買取となる時計もあれば、あまり評価されない時計も…査定してもらってがっかり、なんてことがないように、買取業者が高く評価してくれる時計をご紹介します。

お店の人が喜ぶ?高額買取が期待できるのはこんな時計

時計は、高級腕時計と分類されるものをお店の人は好みます。名が高いブランドといえば、やはりロレックスでしょうか。多くの人が高級腕時計であることを知っているブランドです。エクスプローラーやサブマリーナなど、長く愛され続ける定番モデルなら、さらに高値がつくでしょう。

それ以外には、パテックフィリップも人気です。世界一の時計を作るということがブランドの理念となっているため、それに従ってとても美しく素晴らしい時計が生み出されています。時代を超えて受け継がれますね。また、オメガなども有名です。日本では知名度も高いですし、デザインもつけやすいため、いつでも人気が高い腕時計といえるでしょう。

年代については、時計は古いもののほうが価値は高まる場合もあります。今は生産されていないモデルなどになると、プレミアがつく可能性もあるでしょう。

こんな時計はNG

時計を売るときに気を付けたいのが、故障している時計です。いくら高く価値のある腕時計であっても、故障していると業者側としてもどうしようもありません。時計を治すことができればいいのですが、古いものだと治せないものもありますね。そうなると、買取が難しくなるかもしれません。また、身に着けるものなので、手垢などが付着している可能性も。事前のクリーニングは必要ですね。

どのような時計が買取NGか具体的にまとめました。

商標権違反のコピー品

商標権とは、商標を使っている人が特許庁へ登録することで発生する権利のことを言います。この商標権を侵害した偽物のブランド品、いわゆるコピー品が出回っています。今では技術が発展して巧みにできたコピー品まであります。ですが安価な素材で本物に見えるように作れているため、査定の際にプロが鑑定すれば見極めることができるのです。

偽物だと鑑定した場合、買取不可となります。このときに持ち主には偽物だということは伝えずに当店では取り扱いができませんと言われます。本物かどうかはブランド側が判断することで、買取店で判断することではないからです。商品の状態もよいのに買取不可であった場合、コピー品であったという可能性があるということです。

並行輸入品

並行輸入品は正規品と同じものを、正規の値段よりも安く手に入れられます。同じ値段で新品の並行輸入品と正規の中古品が売られていた場合、どちらも正規品であるため新品の並行輸入品を選ぶ人が多いと思います。

そのため、中古の並行輸入品は商品の値段を下げて売るしかありません。また並行輸入品にはコピー商品が多くあります。もちろん中には正規品のものもありますが、コピー商品というリスクを買取業者側は避けたいため買取価格が下がったり買取不可となる場合もあります。

改造品

時計の改造品とは、意図的に刻印が消されていたりシールが剥がされている悪質なものや、既製品にプラスしてカスタマイズをし、ダイヤモンドなどを装飾した時計のことを言います。改造品は正規のアフターサービスが受けられません。ロレックスなど高級時計も改造可能ですが、正規品や改造のされていない元の状態での時計の需要が高いため、買取不可である場合が多いです。

元の時計にカスタマイズしたものは、誰しもがよいと思うわけではないため、カスタマイズしていないものが欲しいという人がほとんどです。そのため買取業者でも需要がないのです。

修理履歴、故障しているもの

時計の故障に多いのが、ガラスに傷が入ってしまった、割れてしまった・ブレスの破損や紛失・時計の針が動かない・文字盤割れ・クロノグラフの故障です。特に買取不可となってしまうのは文字盤割れ、ケース破損、時計の針が動かない故障です。修理が難しく、できたとしても修理費用がかさみます。

修理費用が高くなってしまうとその分の儲けを出すことが難しくなってしまうため買取業者の需要は低いです。ですがロレックスなどといった高級ブランドは定価が高いため、修理に出しても儲けを出しやすいです。そのようなものであれば買い取ってくれることもあります。また過去に修理に出したことのある時計は、再び壊れる可能性があったり売り出す際にマイナス要素となってしまうため、買取不可の場合があります。

ニオイ、汚れがひどいもの

バッグや洋服などと違って時計にはニオイはつきにくい、と誤解されがちですが気をつけなければ時計にもニオイはついてしまいます。新品同様に綺麗でも、タバコや香水のニオイが染み付いていると買取不可です。特に香水を手首につけている場合は、ニオイがついている可能性が大きいです。

香水は好き嫌いがありますし、香水の成分で時計が傷む場合もあるため、ブランド品を使用する際はつけない方がよいです。また時計のガラス部分やベルトに汚れがついていると買取不可となったり、買取価格が下がってしまいます。革のベルトがベタベタになっているなど見るからに汚れが酷いと買取不可となります。

劣化や汚れがあってもあきらめずに査定をしてもらおう

時計は、高級であれば驚くほど高い金額で買取してもらえることがあります。これは価値がないかも…なんて譲り受けたものでも、いったん査定してもらってはどうでしょうか。自分では気づかなかったお宝かもしれません。また、故障していても、時計を治すことができる業者であれば、買取してくれる可能性があります。まずは査定してもらって、買取可能かどうか確かめてくださいね。

日々のお手入れをきちんとして綺麗な状態を保つことで、査定の際に商品状態のランクがアップします。ちょっとしたお手入れでも面倒くさがらずにやる事で、良い状態の商品を査定に出すことができます。査定額がアップする可能性もあるためお手入れはとても大切です。そこでお手入れ方法についてまとめました。

手垢、汚れをよく拭き取る

一日中腕に付けていると、汗や皮脂で汚れます。放っておくと最悪の場合シミになってしまったり落ちにくくなってしまうため、その日のうちに拭き取ります。拭き取る際にセーム皮やマイクロファイバークロスなどで拭き取るとよいです。セーム皮で拭く際に、ゴミが付いたまま拭かないようにします。ゴミが研磨剤となって傷がつく可能性があるからです。

マイクロファイバークロスは皮脂などの汚れを簡単に落としてくれます。また洗濯して何度も使用できるので経済的です。タオルなど普通の布で拭く場合、繊維が突起部に引っかかってしまう場合があります。引っかかったまま無理に引っ張ったり力を加えると、部品が曲がったり欠ける恐れがあるため注意して拭く必要があります。

付属品やケースも綺麗にする

リューズや回転ベゼルといったパーツとケースとの間は小さな汚れがたまっています。目立たないため気づかないことが多いですが、清掃しないと確実にゴミが溜まります。それを放っておくと動作不良を引き起こしてしまいます。このような細かい部分の掃除には、役立歯ブラシや爪楊枝を使うとよいです。

その都度掃除をすると返ってやりすぎになってしまい傷をつける恐れもあるため、定期的に掃除することをお勧めします。専用のブラシで掃除するのが1番望ましいですが、普通の歯ブラシや使い終わった歯ブラシでも代用できます。普通の拭き掃除では届かない場所を掃除する際は、歯ブラシと爪楊枝がよいです。

LINE査定で最安値を比較してみました
最安値が高額な業者を選べば、失敗しない!?

LINE査定の金額はあくまでも目安。実際にブランド買取業者に買取ってもらう時には、LINE査定の最安値を提示されることも多くあるそうです。だからこそ、「提示金額の幅が狭くて、最安値が高額な業者を選んでおけば、よほど問題のある商品でない限り失敗はしないだろう」という仮説を立てて、業者を選びました。