ブランド品買取で失敗したくない人のための完全マニュアル

私のブランド買取体験in大阪 » 経験したからこそわかる!ブランド品を高く売るコツ » 付属品について

付属品について

ブランド買取をしてもらう際、付属品の有無は査定額にも、そして買取にも大きくかかわってきます。

付属品の種類や、付属品があることのメリットについてご紹介します。

付属品とは?

ブランド品の買取で、実は大きな存在となるのが付属品です。

保存箱、袋、布

ブランド品を購入する際に入っていた箱や袋、布のことです。保管が丁寧にされていたことの現れにもなりますし、ブランドによっては箱や袋、布にも価値があります。ただし、つぶれていたり汚れていたりするものは、あまり好ましくありません。

箱、袋、布があるということは、ちゃんとした正規のお店で購入しているという証明にもなるでしょう。

保証書、ギャランティーカード

保証書は、そのブランド品に対して発行されているものです。ブランドが保証をしますという記載があるため、買い手に安心感を与えることができます。

ギャランティーカードは保証書ではありませんが、本物であることの証明になります。

付属品があることのメリット

付属品があることで、そのブランド品の価値が高まります。中には、保証書がない場合は買取ができません、という業者もあるようです。

本物であることの証明もできるため、もう一声…とお願いしたいときに、交渉材料にもなるでしょう。

管理人の体験談

実際に買取依頼をしてみて、付属品の大切さが身にしみました。ブランド品は品物だけで査定してもらうよりも、いろいろと付属品があるほうが、確実に業者も査定額をアップしてくれると感じます。

やはりちゃんと保管してあるという証拠にもなりますし、付属品がちゃんとそろっているほうが、買い手も付きやすいのだと思います。自分が中古で買うときも、いろいろそろっているもののほうが、安心して買えますよね。

また、これだけ付属品もちゃんと保管してあったから、もう少し高く買取してもらえませんか…?というような、ちょっと言いにくいような交渉もしやすかったように感じます。特に保証書やギャランティカードは本物である証明にもなるので、査定しやすかったみたいです。

LINE査定で最安値を比較してみました
最安値が高額な業者を選べば、失敗しない!?

LINE査定の金額はあくまでも目安。実際にブランド買取業者に買取ってもらう時には、LINE査定の最安値を提示されることも多くあるそうです。だからこそ、「提示金額の幅が狭くて、最安値が高額な業者を選んでおけば、よほど問題のある商品でない限り失敗はしないだろう」という仮説を立てて、業者を選びました。