ブランド品買取で失敗したくない人のための完全マニュアル

私のブランド買取体験in大阪 » 経験したからこそわかる!ブランド品を高く売るコツ » ブランドジュエリーを売る時の注意点

ブランドジュエリーを売る時の注意点

ブランドジュエリーを買取してもらう際、業者によってはその扱いが異なります。

ブランド品としてジュエリーを査定してもらうために、気を付けるべきポイントをご紹介します。

ブランドジュエリーがただの貴金属に?

ブランドジュエリーとして購入していたのに、査定してもらうとブランド品でないかのように査定する業者もあります。どんなブランドであっても貴金属として査定している業者だと、ブランドの価値はなかったことになってしまうでしょう。

ダイヤモンドとゴールドのジュエリーなら、ブランドの価値はゼロでダイヤモンドとして、ゴールドとしてそれぞれの価値で査定する…というような査定方法をする業者には要注意です。

ブランドとしての価値がなくなっているものなら仕方がないと思いますが、まだブランドとして人気があるなら、貴金属として査定されてしまうのは不満ですよね。

自分にとって思い入れのあるジュエリーならなおさらです。

ブランド品として査定してくれる業者を探そう

ブランドジュエリーをただの貴金属として査定されてしまえば、当然査定額は低くなります。

だからこそ、ブランド品として扱い、そのブランドの価値をプラスして査定してくれる業者を探さなくてはいけません。金属としての金額を提示される場合は、ブランド品として扱われていない可能性が高いので、気を付けましょう。

管理人の体験談

ジュエリーはブランド品かどうかの扱いが難しいんだなと、査定をいくつかお願いしてみて感じました。

中には、貴金属としての買取になります…というような査定をされるところもありました。そういう査定をされてしまうと、なんだか残念です。ブランドも自分にとっては大きな意味があって購入したジュエリーでした。

せっかくブランド品だし、購入する時もブランドの価値で高値を出していた部分もあるので、ちゃんとブランドジュエリーとして買取査定を考えてくれる業者を選ぶべきだと思います。

LINE査定で最安値を比較してみました
最安値が高額な業者を選べば、失敗しない!?

LINE査定の金額はあくまでも目安。実際にブランド買取業者に買取ってもらう時には、LINE査定の最安値を提示されることも多くあるそうです。だからこそ、「提示金額の幅が狭くて、最安値が高額な業者を選んでおけば、よほど問題のある商品でない限り失敗はしないだろう」という仮説を立てて、業者を選びました。