大阪でブランド品買取で失敗したくない人のための完全マニュアル

私のブランド買取体験in大阪 » 大阪のブランド買取相場と業者の選び方

大阪のブランド買取相場と業者の選び方

ユーズドブランド品のニーズはとても高いものです。あなたの持っているいらないブランド品が、実は誰かがとても欲しいものかもしれません。

「あのブランドのバッグが欲しい!」と調べたら、数量限定で売り切れだったという人や、「トレンドが終わっていてもかまわない、あのアイテムが欲しい!」と、憧れをもつ人もいます。そんなニーズを満足させるブランド品は、買取価格も自然と高くなるもの。ここでは、各ブランドの歴史や特徴、売りに出すときのコツ、買取査定について紹介します。

大阪で高額買取してくれる
ブランド品は?

大阪でもメジャーブランド品は高額査定の対象です。ブランドごとの売れ筋があります。例えばエルメスならバーキン、プラダならサフィアーノ、シャネルならどのアイテムでも高く買い取ってもらえるようです。とはいえ査定額は流動的。高値になるまで待つよりも、売りたいと思ったときにブランド品買取店を訪ねるのがベストです。

シャネル

孤児であったココ・シャネルは波乱万丈な人生と「モード(ファッション)」を通して、女性の自立を表現してきました。彼女の生き方はシャネルそのもの。世界中の女性から愛されるブランドにまで成長しました。

シャネルはどんなアイテムも人気が高く、たとえばかなり昔に販売されたマセラッティの逆COCO(ロゴの重なり方が逆)はヴィンテージ扱い。高い査定評価をもらえる決定打になります。しかし人気のあるシャネルはそれだけ偽物が多く出回っているのも事実。真贋を見極めきれない店舗だと正規品を偽物と間違って鑑定することもあるそうです。大事なシャネルだからこそ、きちんとわかってくれる買取店と取引したいものですね。

グッチ

イタリア出身のグッチオ・グッチが創業した皮革製品店が発祥のグッチ。第二次世界大戦のさなか、皮革素材に代わりキャンバス素材や竹素材(バンブー)を使用したシリーズが大人気となりました。今でもバンブーはグッチアイコンのひとつです。

為替レートによりますが、グッチは並行輸入品が定価を1~2割下回る価格で販売されているそう。なので最新のアイテムでも買取価格は7割が上限のようです。ただしオールドグッチとよばれる1970~80年代のアイテムについては、買取価格は比較的高めです。人気の高さから偽物が多く出回っており、リスクを考え買取価格を低くする買い取り業者もいるそう。グッチ製品の買取は、本物かどうかを見極められる買い取り業者に依頼をすると良いでしょう。

ルイ・ヴィトン

旅行用カバン専門店から、世界を代表するブランドにまで成長したルイ・ヴィトン。コピー対策として発案されたモノグラム(2つ以上の文字を組み合わせ記号化したもの)は、今やルイ・ヴィトンを象徴するマークとなっています。

知名度の高さと品質の良さから、日本のユーズド市場では高めの相場価格で定着しています。特にバッグや財布は人気があり、買取価格も店舗ごとでの差はあまりありません。ユーズド市場のニーズが非常に高いと言えるルイ・ヴィトン。比較検討してできるだけ高く買い取ってくれる、対応の良い業者を選ぶことが買取価格アップ成功のカギと言えます。

エルメス

エルメスは高級馬具工房としてスタートしたブランドです。創業者のエルメスは馬具の需要が少なくなるのを見越し、ハンドバッグをはじめとした皮革製品の製造・販売に転向。時計やアクセサリーなど幅広いアイテムで、世界でも人気のブランドに成長しました。専門の職人が手を抜くことなく丁寧に作る姿勢が、ブランドの価値をさらに高めています。

エルメスはとにかく入手が難しいことで有名。バーキンやケリーシリーズについては「店が客を選ぶ」バックとして知られ、VIP客にのみ案内されるアイテムなのだそうです。このプレミアム感が買取価格に反映し、定価を超える高額査定が提示されることも。他のアイテムに関しても同様で、手作りの質の良さが買取価格に現れています。あなたの大事なエルメス製品も、その価値を知る業者に買い取ってもらいたいですね。

プラダ

ミラノ発の高級ブランド「プラダ」。旅行用品や小物の専門店としてスタートしたブランドは、1919年にはイタリア王室御用達になりました。シーズンごとにイメージを一新させながらモード界に挑戦しつづけるブランドとして、工業用ナイロンを使ったバックPOCONOを生み出したのは有名な話です。

プラダで有名なのはサフィアーノやカイエシリーズ。耐久性に優れたサフィアーノシリーズは、ユーズド市場でも高値で取引されていますが、状態によっては定価の1割を切ることも。新品未使用でも定価の6割程度と査定は厳しめなので、使わないなら早めに買い取り業者に依頼するのがおすすめです。

大阪でブランド買取をしてもらう際のコツとは

大阪でブランド品の買取をしてもらうコツを調べました。

まずは特徴や評判を調べてから
依頼する

大阪でブランド品を買い取ってくれる業者は、リサイクルショップや小規模質店を含めると200店以上あります(2019年7月時点)。店舗の特徴や雰囲気、ブランドの真贋を見抜く力は実際に行ってみないとわかりません。まずはネットで口コミ・評判や得意ブランドを調べてみて、その店に合うブランド品を依頼するのがコツと言えます。

タイミングを見て依頼する

ブランドによっては新品であればあるほど高額査定をもらえます。買ったけど使わないといったアイテムはすぐに依頼しましょう。また季節感も大事です。冬場に夏物を依頼してもニーズが低いシーズンだと安く査定されがち。オンシーズンになる直前を狙うのが良いでしょう。ブランドの買取傾向とシーズンを考えて依頼するのがコツです。

ネットやLINE査定を利用する

大阪や東京など都市圏を中心に、ネットやLINE査定をしている業者が増えてきました。直接行くよりも楽で、査定額の比較も便利な方法です。まずは掲載されているアイテムと査定額を見て、依頼するお店を絞ることがコツでしょう。

 
LINE査定で
大阪の最安値を比較してみました
最安値が高額なところにすれば、失敗しない!?

LINE査定の金額はあくまでも目安。実際に買取ってもらう時には、LINE査定の最安値を提示されることも多くあるそうです。だからこそ、「提示金額の幅が狭くて、最安値が高額な業者を選んでおけば、よほど問題のある商品でない限り失敗はしないだろう」という仮説を立てて、業者を選びました。