大阪でブランド品買取で失敗したくない人のための完全マニュアル

私のブランド買取体験in大阪 » 私が調べた大阪のLINE査定ができるブランド買取店 » なんぼや

なんぼや

なんぼやは、1000万円を超える買取でも即現金、と買取に力を入れている業者といえます。駅に近くアクセスもいいから、店舗でも売りやすいです。

なんぼやの口コミはこちら

なんぼやの基本情報

なんぼやの特徴

なんぼやは「買取専門店お客様満足度No.1」を誇る買取専門店で、大阪だけに留まらず、全国展開している大規模なショップです。他社と比較して超高額買取を行っており、1,000万円以上の買取額でも即日現金が受け取れます。

なんぼやのコンセプト

なんぼやでは、相場を正しく把握して適正価格で買取を行うことと、「安心」と「過ごしやすさ」に重きをおいた店舗サービスを提供することによって、お客様満足度を高めることをコンセプトとしています。

買取アイテム

買取アイテムは、ブランド品、時計、ジュエリー、金・プラチナ、骨董、アパレル、食器、切手をメインにし、その他、アクセサリー、毛皮、着物、お酒、カメラ、ゴルフ用品、楽器なども買い取りしています。

ブランド品は、ルイヴィトン、エルメス、シャネル、グッチ、プラダ、セリーヌなどのバッグや財布、アクセサリーです。

時計は、ロレックス、カルティエ、ブルガリ、シャネル、オメガなどです。

ジュエリーは、エメラルド、スフェーン、クリソベリル、パライバトルマリン、ブラックオパールなどがあしらわれた指輪やネックレスです。

買取方法

買取方法は店舗、出張、宅配、手ぶら店頭買取の4種類から選択できます。店舗買取では全国54店舗のなんぼや店頭で直接買取を依頼できます。出張買取ではロゴ無しの車で査定員が訪問して、玄関先で査定を行います。宅配買取では往復送料無料、キャンセル料無料で宅配による買取が依頼でき、手ぶら店頭買取では商品を先に発送してから店舗に行き、その場で査定の詳細を聞くことができます。

質預けについて

なんぼやでは質預けを行っていません。

なんぼやの買取事例

なんぼやでは様々なブランドのバッグや財布を幅広く買取しているので、大阪でも大変な人気を誇っているため買取事例も豊富です。こちらでは、女性に人気の高い4つのブランドについて、代表的な買取事例をご紹介します。

ルイヴィトン

バッグ

時計

財布

その他

エルメス

バッグ

時計

財布

シャネル

バッグ

財布

ジュエリー

時計

その他

プラダ

バッグ

財布

その他

LINE査定:登録~結果が出るまで

なんぼやのLINE登録

なんぼやのLINE査定画面

友達登録をすると、すぐに広告のようなイラスト付きのメッセージが自動配信で届きます。

個人情報の取り扱いについてやプライバシーポリシーのリンクボタンが付いていて、ちゃんとした印象です。さすが大手。

続けざまに、LINE査定の仕方についても写真付きの丁寧な説明書が送られてきました。

ただ、あまりに機械的すぎる対応&説明書きのクオリティが高すぎるため、本当に人が査定してくれているのか不安になってしまいました。よく、企業のアカウントで、何かコメントを送るとキャラクターが自動で返信してきたりするサービスがあるじゃないですか。あれに近いものを感じました。

まとめて10品の査定を依頼

10商品の集合写真と商品名を書いたメッセージを送ると、すぐにメッセージが送られてきました。「ご利用ありがとうございます!」という大きな見出しの下に、「現在担当者が順番に確認しています」という文字が。とても丁寧だなとは思ったのですが、これも自動返信とのこと。これから商品のアップ写真を順次送っていこうと思っていたので、送って良いものかどうか、一瞬、迷ってしまいました。

気を取り直して、送りたい写真はすべて送りましたが、その後同じメッセージが届くことはなかったので、最初の投稿に反応して自動返信するようになっているのかな。

LINE査定の結果は?

結果は、30分ほどで届きました。早い!でも、ノーブランドのダイヤモンドネックレスは貴金属部分の相場しか査定できないと言われてしまいました。また、コーチの二つ折り財布が「数百円から」とあったことに軽い眩暈を覚えました。コーチのお財布って人気がないんですかね?まぁ、元の値段もそんなに高くないので、仕方がないのかもしれませんが…。

なんぼやの口コミをご紹介!

大阪のブランド買取業者のLINE査定で
最安値を比較してみました
最安値が高額な業者を選べば、失敗しない!?

LINE査定の金額はあくまでも目安。実際にブランド買取業者に買取ってもらう時には、LINE査定の最安値を提示されることも多くあるそうです。だからこそ、「提示金額の幅が狭くて、最安値が高額な業者を選んでおけば、よほど問題のある商品でない限り失敗はしないだろう」という仮説を立てて、業者を選びました。